▽メニューを開く(事務所案内、地図、費用など)
婚約破棄慰謝料請求相談所内容証明郵便での慰謝料請求

内容証明郵便で慰謝料を請求するメリット

内容証明郵便とは依頼者が送付した文書の内容を郵便局が証明してくれるというものです。差出人や受取人、送付した日付などもきちんと記録として残すことができます。

これは裁判でも重要な証拠になります。そのため、文書に「回答がない場合、法的措置をとります」といった文言が書かれていなくても、無視をすれば裁判になる可能性があるのだということを暗に示すことができます。
相手はそれを受けて、何らかの対応をしなければならないという気持ちになるはずです。

また、郵便局という第三者が介在することによって、ちょっとした思いつきで書いたものではなく、正式な文書なのだということを強く印象づけることができるので、相手への心理的効果は大きいと言えます。

婚約破棄慰謝料を請求する際に確認すべきこと

自分に慰謝料請求権があるのかどうか

婚約破棄をされた際に慰謝料を請求するためには以下の条件が満たされていなければなりません。

  1. 婚約が有効に成立している
  2. 婚約が正当な理由なく破棄された

まず相手と将来結婚するという約束をきちんとしたのかどうか思い返してみましょう。

婚約は口約束のみでも成立しますが、「長年同棲していたから結婚してくれるものだとばかり思っていた」というような勝手な思い込みの場合は、婚約が有効に成立していたとは言えません(【婚約の有効性】参照)。

さらに婚約破棄の原因が本当に相手にあるのかどうかしっかり確認しておきましょう。

慰謝料は婚約を破棄した側かされた側かにかかわらず、婚約破棄の原因を作ったほうが支払わなければなりません。

たとえば、自分が浮気をしたのが原因で相手から婚約を破棄されたというケースでは、相手に慰謝料を請求することはできません。逆に相手から慰謝料を請求される可能性もあるので注意しましょう(【婚約破棄の正当な理由】参照)。

婚約破棄慰謝料の相場

婚約破棄慰謝料の額は個々の事件によって様々ですが、過去の判例を参考にすると、それぞれの事情ごとにある程度の相場というのが見えてきます。

感情にまかせて相場を大きく上回る法外な慰謝料を請求しても相手は納得してくれないでしょうし、裁判でも認めてもらえません。
ですから、法律の専門家に相談するなどして、自分のケースではどのくらいの慰謝料を請求するのが妥当なのかをよく理解しておきましょう(【婚約破棄慰謝料の算定要素】参照)。

内容証明郵便に何を書くべきか

慰謝料の請求額

自分の精神的苦痛に対して、相手にいくらの慰謝料を請求するのか、明確に示しましょう。
また支払い方法や期日もしっかり書いておく必要があります。

慰謝料を請求する法的根拠

婚約が正当な理由なく破棄された事実と、それによって受けた精神的苦痛を具体的に書きましょう。
この際、感情面を重視して記載すると効果があります。ただし、あまり誇張しすぎると相手の反感を買ってしまうので、ありのままを伝えましょう。

また、請求の根拠として過去の判例を引用しておくと説得力が増します。




婚約破棄慰謝料請求無料メール相談へ

婚約破棄慰謝料イラスト